2万人来場の「ふともも写真展」--4万枚以上撮った写真家に聞く“太ももの魅力”

 2010年の『スクールガール・コンプレックス SCHOOLGIRL COMPLEX』(著・青山裕企)刊行を皮切りに13年にはブームとなったフェチ写真集。

【写真】フェチ心を刺激する“ふとももの世界”

 そのフェチブームは未だ健在のようで、“太もも”をモチーフに写真を撮り続けている写真家・ゆりあとコラボした「ふともも写真の世界展」には、過去4回の開催でこれまで総計2万人もの来場者が訪れているという。

 年末の12月16日から再び開かれた展示に足を運ぶと、会場内を太ももの写真が所狭しと並び、どこを見ても太もも!だ。制服のスカートから見える太もも、ぬいぐるみを挟んだ太もも、イスに食い込んだ太もも…等、とにかく太ももだらけ。

 確かにフェチでなくても男であれば目がいってしまうパーツではあるが、男性だけでなく女性にも大人気で来場者多数。一体、太ももの魅力とはなんなのか? 同展を開催するゆりあさんに聞いてみた。

―そもそも、なぜ太ももを撮り始めたのでしょうか?


ゆりあ 2011年に知り合いの女のコから撮りたいっていう依頼があってですね。自分の好みもあって、撮ってみたらよかったので、それから今まで4万5千枚くらいは撮ってますね。

―すごい数ですね! モデルの方はどれくらいいらっしゃるんですか?

ゆりあ 基本的には知り合い5人をメインに、途中からはHP上で募集し始めて全部で20人くらいですかね。あと、以前の個展では希望する女性の“ふともも”撮影をしていたので、これまで120人くらいは撮ってきたんじゃないでしょうか。今回は会場の広さと自分のスケジュールの問題で来場者撮影はしていませんけど。

―今回も会場に女性が訪れてましたが、こうした写真展では意外でした。


ゆりあ 女性自身も女性や女性のパーツが好きな方は結構いらっしゃるみたいです。あとは写真として綺麗なものが好きという方も多いです。作品としてエロという要素を前面に出しているわけではないので、それも受け入れられやすい要因のひとつかもしれないですね。


―ただ正直、モデルの方の顔も見てみたくなるなと…。


ゆりあ 実際そういう方もいらっしゃいますが、見てみたいレベルで止めておいたほうが、と思っています。特にモデルさんに口外しないようには言っていませんが、個人と結びつけて見ないほうが、想像が広がっていいと思っています。“ふともも”そのものの良さも実感できますし。

太ももだらけの会場内。12月には“ふとももツリー”も。年始からは“ふともも福袋”が販売される

太ももだらけの会場内。12月には“ふとももツリー”も。年始からは“ふともも福袋”が販売される


―ゆりあさん自身、太ももが好みと仰っていましたけど、どこに魅力を感じて?

ゆりあ 曲線の柔らかい感じと、筋肉のしっかりした感じが両立しているところです。それを出すために屈んだり、座ったり、モノを挟んだり…シチュエーションを変えて撮影しています。

掴んだり、挟んだりと、太ももの柔らかさがわかるような構図も

掴んだり、挟んだりと、太ももの柔らかさがわかるような構図も


―でも、それだけ撮影していると似通ってきませんか?

ゆりあ 確かに顔の表情などと比較するとどうしても変化のつけづらい題材ではあるので日々、工夫しています。また、服装はモデルに合わせて、その人自身の雰囲気に合うようにしたりもしています。この間はコートから靴まで全部こちらで用意したり。結局、映すのは“ふともも”だけなんですけど、やっぱり違和感があるんですよね、似合わない恰好をしていると。

―そこまでこだわっているんですか!? でも、個々の太ももの違いはなんとなくわかりました。

ゆりあ そうなんですよ。形とかも違いますし、筋肉のつき方とかその上の脂肪のつき方、曲線の出方とかも違います。筋肉の多い人は膨らみがあったり、少ない人と曲線の出方も違いますし、スポーツをされてた方だと中に詰まってる感じがあったり、本当に様々です。

―逆に太もものサイド側は少ないなと感じましたけど…。


ゆりあ 横からだと写真として柔らかそうな感じを出すのが難しくて、立ちポーズの時は避けることが多いのかもしれません。座って曲げてるようなポーズだと、後ろのハムストリングあたりの曲線とかは出ていいんですけど。

―なるほど、確かに肉感はないですもんね。でも、ここまで受け入れられると初めから感じていたんですか?

ゆりあ ある程度の需要はあると思ってましたけど、ここまでとは…という感じですね。“ふともも”写真を最初に展示として世に出したのは、14年にあったデザインフェスタなんです。その時に写真集を500部出したんですけど、売れなければ長い時間をかけて売っていけばいいという気持ちでした。でも、それが2日で完売して驚きましたね。

左のプールと制服の“ふともも写真”は一番人気。会場内ではこの写真のクリアファイルなども販売されている

左のプールと制服の“ふともも写真”は一番人気。会場内ではこの写真のクリアファイルなども販売されている


―予想を上回る反響だったわけですね。

ゆりあ そうなんです。本屋さんでもフェチやパーツの写真集はあるんですけど、“ふともも”だけっていうのがなくて、たまたま隙間が空いてたんです。フェチとか足とかではなく“ふともも”に限定したのがよかったのかもしれないですね。

―実際、来場者の方々は太ももフェチなんでしょうか?

ゆりあ 「“ふともも”が好き!」という強い思いで来て下さる方もいるとは思いますが、そこまで“ふともも”にはこだわらないけど見てみたい…という方も多いと思います。どちらがいいというのはありませんが、ちょっとした興味で来てみたらすごかった、という方も多いので、ぜひ「ちょっとした興味」があるようでしたら来ていただければと思います。


―それこそ累計で2万人も来ていたら、金銭面でもかなり大きな額になったんじゃ…?


ゆりあ 特にお金を、とは考えていないんです。あくまで趣味の延長なので。個展も自分の展示方式だとかかる費用もバカになりませんし、スタジオ代やロケ代、衣装代など諸々の費用を考えると、たぶんよくてトントンなんじゃないかなと…あんまり回収するという意識もないんですよね。

―なるほど、下世話ですいません! 下世話ついでに街中で撮りたい太ももに出会ったりしませんか?

ゆりあ それは逆に意識しないようにしています。撮る時に集中したほうがいいので。また街中で声を掛けて撮らせてもらう、という事もしません。ある程度形を持った活動になってきた事もありますし、題材も題材ですので、自分の考え得る範囲できちんとやっていきたいというのがあります。街中に限らず撮りたい“ふともも”、というお話でしたら乃木坂46の橋本奈々未さんは、柔らかい感じとしっかりした感じのバランスがいいなと思うので撮ってみたいですね。

―それもスゴいピンポイントですね(笑)。では、最後に今後の目標とかはあれば。


ゆりあ 特にありません。継続することが新しい世界に繋がると思うので、それを大事にしていきたいです。

■ふともも写真の世界展 2016-17
開催日時: 2017年1月22日(日)まで。営業時間:11:00~19:00 休館日:月曜日 ※1月9日(月・祝日)は開館。翌日10日(火)振替休館 会場:TODAYS GALLERY STUDIO 

最終更新:1/7(土) 4:56

週プレNEWS

 
 

コメント(Yahooニュース)

カシューナッツ | 2017/01/05 15:38
麻衣たんの結婚するまでそういった事は
しないという考え方が好感もてるな

gst***** | 2017/01/06 14:59
一枚ぐらい競輪選手の太ももがあったら…

xue***** | 2017/01/05 17:41
これは、素晴らしい(ハァハァ)

ser***** | 2017/01/05 21:54
芸術とフェチ、アブノーマルの狭間の、素敵な作品
 
様々な意見があっていい、凄く素敵な作品達


hid***** | 2017/01/05 20:42
会場は意識高い系の女子がいくらかと、フェチの犯罪予備軍気持ち悪い系のヤロウ共のカオスとなっている事でしょう。

uhf***** | 2017/01/05 15:41
興奮が足り無いぞ!

・・・・などなど
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○
管理人:
まあ、男が欲望全開で撮った写真じゃこうはいかないでしょうねw
同じ女性が撮った写真だから、扱いが違う気がする。
でも、バイセクシャルもいるから同姓だと言ってもエロい視線はあり得るかな。
 
とはいえ、十代あたりのムチムチふとももは確かに妄想を掻き立てるよねw