日本人は知らない!? 海外で大ブームになった70-80年代「日本製ロボットアニメ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00010000-dmenueiga-movi
dmenu映画 5/10(水) 7:10配信


 016年にイタリア・アカデミー賞で最多となる16部門へのノミネートと、同じく最多となる7部門の受賞という快挙を成し遂げたダークヒーロー映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』が5月20日に公開されます。70年代に子供時代を送った人の中には、「なぜイタリアのダークヒーロー映画のタイトルに、日本のロボットアニメの名前が」と、疑問に思った方もいることでしょう。
 
実は、同年代には日本製アニメが、次々と海外で大ブームを巻き起こしているのです。
 
■イタリアで謎の大人気!? 『鋼鉄ジーグ』(1975~1976年)
(c)2015 GOON FILMS S.R.L. Licensed by RAI Com S.p.A. ? Rome, Italy. All rights Reserved. 

 日本侵略を狙う、女王ヒミカ率いる邪魔大王国(じゃまたいおうこく)と戦うロボットが鋼鉄ジーグです。主人公の司馬宙はサイボーグで、彼がジーグの頭部に変形すると巨大輸送機ビッグシューターからパーツが射出され、磁石の力で合体。鋼鉄ジーグとなって敵のロボット・ハニワ幻人と戦います。
 
 原作は永井豪と安田達矢。イタリアのジーグ熱はすごいらしく、主題歌がルノーのCMに使われるほどだとか。さらに、ジーグの主題歌を演奏しているバンドの数といったら! 動画を検索してみると、あまりの数の多さに変な笑いが出てしまうほどです。
 
 今回公開される『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』の舞台は現代のローマ郊外。孤独なチンピラのエンツォは、ふとしたことで超人的なパワーを手に入れます。しかし、世話になっていた“オヤジ”を殺され、遺された娘アレッシアを守る羽目に。ところが、このアレッシアというのが片時もDVDを手放さないほどの、「鋼鉄ジーグ」の大ファンでした。やがて、彼女との交流を通じて、エンツォは徐々に正義に目覚めていきます。……俺がやめたら誰がやるのか、バンバン!
 
■放送時間、街角から子供が消えた?『UFOロボ グレンダイザー』(1975~1977年)
 
 こちらも原作は永井豪。地球侵略を企むベガ星連合軍と、デューク・フリードが操縦するスーパーロボット・グレンダイザーの戦いを描いたロボットアニメです。
 
 フランスでは「ゴルドラック」という題名で放送され、“視聴率100%をとった!”という話が有名です。とはいえ、世代別の集計である上に、当時フランスにはテレビ局が3つしかなかったための数字なんだとか。それにしたってすごい視聴率ですけどね。イラクでも大人気だったそうで、放送時間になると街角から子供の姿が消えたという逸話が残っています。日本でも昭和20年代後半、ラジオドラマ「君の名は」が始まると女風呂が無人になったといわれていますが、その話を彷彿とさせますね。
 
■あまりの人気で社会問題化!? 『超電磁マシーン ボルテスV(ファイブ)』(1977~1978年)
 
 地球侵略を狙うボアザン星人を迎え撃つのはスーパーロボット・ボルテスV。美形の敵役プリンス・ハイネルの女性人気が高かったことでも知られています。
 
 フィリピンでは1978年から放送が開始されて爆発的な人気となりましたが、社会問題にまでなったため、時の政権により放送中止の憂き目にあってしまいました。番組後半がボアザン星の革命を扱う内容だったため、政府から睨まれたのではないか……という説を唱える人もいますが、真実は藪の中。1999年にはリバイバルブームが起き、なんとフィリピンでの知名度はほぼ100%を誇るといわれています。
 
■アメリカ人はライオンがお好き?『百獣王ゴライオン』(1981~1982年)
 
 アメリカでは「ボルトロン」という題名で人気を博した作品。なぜかゴライオンのみならず、「機甲艦隊ダイラガーXV(フィフティーン)」という別のアニメの映像も混ぜて放送されていたそうです。
 ほかにも、「超時空要塞マクロス」と「超時空騎団サザンクロス」と「機甲創世記モスピーダ」を一緒くたにして「ロボテック」という題名で放送したり。……アメリカ人って何考えてるんでしょうか?
 
 ところで、この「ボルトロン」といえば、映画化の話が出ては消え、出ては消えていました。しかし、やっと去年からNetflixで新作シリーズが配信されています。ただ、日本での放送は未定……って、そりゃないっすよ。
 
 このほかにもアニメではありませんが、ハワイでは特撮テレビ番組「人造人間キカイダー」が、ブラジルでは「巨獣特捜ジャスピオン」が大人気という話も聞きました。人間の相互理解において、日本のアニメの力について考えさせられてしまいますね。『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』のように、アニメが人の熱いハートに火をつけるというのは、あなたの身近でも実際にある話かもしれませんよ?
(文/ハーバー南@H14)
 

最終更新:5/10(水) 7:10

dmenu映画

 
 
コメント(Yahooニュース)

JJJ | 2017/05/10 07:28
アニソン歌手は海外じゃ凄いですから。
「アニキ」水木一郎さんとかも。


めくそはなくそ | 2017/05/10 07:38
鋼鉄ジーグ、懐かしいわー
超合金がマグネットで手足が付いてるもんだから、
足と手を反対にしたりして遊んでましたわ。


オチャムリン | 2017/05/10 07:24
「行け、行けデューク・フリード、行け行け、グレンダイザ」。
ささきいさおさんですね。フランスは凄かったんですね。


mui***** | 2017/05/10 07:45
当時、男の子たちは放送時間になると、
家で見てたはず。
ビデオなんてないからね。
今思えば、楽しい時代だった。


Qohen | 2017/05/10 07:37
訳分からん映画は好きやね

po***** | 2017/05/10 07:58 
アニソンは堀江美津子派の私の中でもボルテスⅤはキャンディキャンディと並んで好きな主題歌でよく歌った。

kop***** | 2017/05/10 07:37
あの当時のアニメには見えないチカラが確かにあった。

P5EN8ELncGkpKZbvMRiB | 2017/05/10 07:53 
「ジーグとグレンダイザーとボルテスとゴライオンが海外では流行ったぞー」とは、また随分と古臭い話だなぁw まぁ間違っちゃいませんが、フランスでグレンダイザーが、南アジアでボルテスが社会現象になる程まで流行ったのは四半世紀も昔の話です。
 
尤もだからと言って、ソレら以外のロボットアニメが海外へ輸出されていないのかと言ったら、そんな事は全くありません。寧ろ「ドラゴンボール」だの「セーラームーン」だの「プリキュア」だのが流行った勢いに乗っかり、様々なロボットアニメが輸出されています。「マクロス」シリーズなんか積極的に数々輸出されていたんじゃ? にも関わらず、それらがこれ同様に海外で大ヒットしたかの話は全く聞こえてきません。日本アニメは相変わらず数々好評なのに。
 
何故か? おそらく「シン・ゴジラが海外で爆死」と同様の理由ではないかと見ています。「異性愛」描写ではなく「家族愛」の描写が必要なのかも?

・・・・などなど
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○
管理人:
日本で微妙だったアニメが海外で大人気!
っていうのはよく聞く話ですね。
 
ハイジが欧州で、太陽の子エステバンが南米のどこかの国で
大人気だったというのも、本家に認められた感じが良いですよねw

 
何にでも徹底的にこだわる日本の職人精神が、
こういうところも生きているのかも。