ADV『シンフォニック=レイン』がHDリマスター化! Steamにて6月15日より配信

管理人:「シンフォニックレイン」のPVです。
  シンフォニックレインと言えば、
  岡崎律子ファンのバイブルといって良いゲームです。
  今でも、このゲームのキャラソンアルバムは、宝物ですw
 
インサイド 5/11(木) 22:00配信


 工画堂スタジオのくろねこさんちーむが手がけたADV『シンフォニック=レイン』が、HDリマスター化を遂げ、Steamでの配信が決定しました。
 
 2004年3月に登場した『シンフォニック=レイン』は、シナリオ・音楽・グラフィックによる三位一体の表現で、プレイしたユーザーの多くから高評価を獲得。2005年には愛蔵版が、また2007年には普及版がリリースされ、長く愛される一作として今も知られています。
 
 そんな『シンフォニック=レイン』のHDリマスター化がこのたび判明。HDリマスター版は日・英・中文版の同時リリースが予定されており、Steamにて2017年6月15日より配信されます。公式サイトでは、Steam版の動作環境なども公開されているので、合わせてチェックしてみてください。なお、Steam版の価格は4,400円(税込)です。
 
■STORY
雨が止むことなく降り続ける街ピオーヴァは、音楽家を夢見る若者達が集う、音楽の街でもありました。 あと数ヶ月で卒業を迎える主人公「クリス=ヴェルティン」はフォルテール科の卒業課題として、歌唱担当のパートナーと共にオリジナル曲を合奏しなければなりません。しかしクリスは未だにそのパートナーさえ決めようともせず、ただやる気のない毎日を送り続けていました。 

週に一度届く恋人からの手紙と、この街に引っ越して来たときに出会った部屋の居候、身の丈14センチほどの小さな音の妖精フォーニが、彼の世界のすべてでした。 

雨、いつまでも、止むことなく降り続ける雨。 

雨音が奏でるメトロノームにのせて、魔導奏器フォルテールの音色を響かせましょう。
クリスの奏でる音色と、音の妖精フォーニの歌声が重なり、響き渡る時、何かが起こるのでしょうか? 

……さぁ、妖精の歌を奏でましょう。

■ゲームの特徴
・雨の降る街ピオーヴァを舞台に繰り広げられる、人間ドラマ
・プレイヤーの選択や音楽ゲーム結果によって異なる、マルチエンディング
・グラフィックはオリジナルイラストを担当したしろ氏による完全リファイン
・ゲームを彩る、シンガーソングライター岡崎律子による美しい旋律
・『音楽ゲームパート』+『ノベルゲームパート』の融合

■声の出演
クリス・ヴェルティン:宮下道央
アリエッタ・フィーネ:中原麻衣
トルティニタ・フィーネ:中原麻衣
フォーニ:笠原弘子
ファルシータ・フォーセット:浅野真澄
リセルシア・チェザリーニ:折笠富美子
(C)KOGADO STUDIO, INC. All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

最終更新:5/11(木) 22:00

インサイド

 

○●○●○●○●○○●○●○●○●○
管理人:
個人的に、このゲームはとにかく音楽です!
岡崎律子テイストの集大成といって良いかも。
初めて聞いた時は、鳥肌ものでしたww
 
岡崎さんが亡くなって大分経ちますが、
今でも時々キャラソンCDを聞いてます。
梅雨時期の午後に聞いていると、かなりの没入感というか
なんか涙が出そうになります(笑
 
一見すると古くさい印象かもしれないけど、
何か心に残るゲームですね。