「神曲」「かわいい曲がたくさんあって良かった」「最高でした!!」

 ――これは、人気アイドルの新譜CDに寄せられた声……ではない。ある参考書を購入した中学生からのアンケートハガキの抜粋だ。「表紙を見ただけでやる気が出る」「頭に入りやすい」など、参考書としての評価も上々だ。


 その参考書とは、学研プラスが4月に発売した「MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える中学歴史」「同 中学理科」(各税込1728円)。前代未聞の「楽曲PV付き」の参考書なのだ。

 人気の「ボカロP」(歌声合成ソフト「VOCALOID」を使って楽曲を作るクリエイター)が作詞作曲した学習用の歌を各10曲収録。全曲にプロモーションビデオ(PV)風のオリジナル動画を用意し、スマートフォンで視聴できるようにした。

 発売前からネットで話題になり、4月22日の発売から約2カ月で累計発行部数が13万部を突破。1年で1万部ほどが通常という中学参考書業界で異例の大ヒットを記録している。

 「いまどきの中学生に響く、新しい参考書を作りたい」。企画した同社小中学生事業部の八巻(やまき)明日香さん(30)はそう考えて企画し、「中二病」の雰囲気を大切にしながら編集したという。

●学研の挑戦 「スター・ウォーズ」参考書も

 少子化が進む中、中学生向け学習参考書市場は厳しさを増すばかりだ。「参考書で勉強してくれる人を増やすには」――同社は試行錯誤しながら、斬新な参考書を生み出してきた。

 昨年発売した「セシルマクビースタディコレクション」はその1つだ。10代女子に人気のファッションブランド「CECIL McBEE(セシルマクビー)」とコラボし、ガーリーなデザインとイラストを散りばめた“かわいい参考書”で、発行部数は10万部を超えたという。

 「スター・ウォーズ」やディズニーの人気キャラクターをデザインした参考書も話題になった。ミシン目に沿って切り離すと、英単語や社会科などの「暗記カード」になるというもので、スター・ウォーズなら英単語はダース・ベイダー、理科はヨーダ……などと教科ごとに異なるキャラクターを採用。グッズとして愛着が持てるようになっている。

 そんな流れの中で生まれた「ボカロで覚える」参考書。
「いまどきの中学生は“PV世代”ではないか」――出発点はこんな分析だった。


●「ボカロが中学生に降りてきた」

 企画を始めた2014年秋ごろの中学生像は……小学生のころ「AKB48」がブームになり、YouTubeで公式プロモーションビデオ(PV)を見ることが一般化した「PV世代」だと八巻さんは考えた。

 歌声合成ソフト「VOCALOID」を使って作った楽曲「ボカロ曲」を基にした小説「ボカロ小説」も中高生を中心にヒット。ボカロ小説がきっかけでボカロ曲のPVを見る子も増え、卒業式や合唱コンクールでボカロ曲を歌う学校が珍しくなくなった。「上の世代のものだったボカロが、中学生に降りてきていた」。

 ボカロ曲のPVの多くに歌詞テロップが入っている点も、参考書と相性が良さそうだった。「歴史用語を歌詞にしてPVに入れれば、耳からも目からも覚えられる」。ボカロ曲は「歌い手」のファンも多く、カラオケランキングでも常に上位。「歌って覚える」参考書にできそうだと考えた。

 当初は社会科のみで企画していたが、「2色の表紙から選べる2冊セットで出せると面白いのでは」と、社会と理科をセットで出すことにした。

●「千本桜」作者など著名Pが参加、作詞も手がける

 ターゲットは、ボカロ曲を聴きながらファッション誌も読むような一般的な中学生だ。中学生に人気のボカロ曲をカラオケランキングなどから調べ、曲の作者(P)たちに協力を打診した。

 紅白歌合戦で小林幸子さんが歌った「千本桜」の「黒うさP」や、実写映画にもなった「脳漿炸裂ガール」の「れるりりP」など、有名Pたちに企画を持ち込んだところ、2つ返事で協力を申し出てくれたという。「みなさん、教育に興味があると言ってくださって」。

 参考書に収録したのは、理科・社会とも各10曲。「千本桜」「脳漿炸裂ガール」など4曲は、歌詞を学習用に変えた“替え歌”で、そのほかの16曲はゼロから作った。曲だけでなく詞もすべて、Pが手がけている。

 詞に入れてほしい用語や参考書をPに渡し、「この範囲を、あの曲風の恋愛ソングにしてください」などとオーダー。「中毒性のある感じで」「切ない感じ」など曲調を含めて依頼し、何度もやりとりしながら完成させていったという。

 通常の参考書は、専門分野に詳しいライターや編集プロダクションに、範囲や難易度を指定して依頼する。「『切ない感じで』などとオーダーすることも、あまりないですね(笑)」。

 詞の内容に間違いがないようにしつつ、歌詞が聞き取りやすく、クオリティの高い曲になるよう、Pと編集部で何度もやりとりした。例えばこんな風に。

 「詞のこのあたりに『三内丸山遺跡』を入れたいです」「『墾田永年私財法』の『し』が『ち』に聞こえるので、もう少し『し』に聞こえるようにお願いできますか?」「間奏冒頭の『レ・シシ・ド・レのところの音も、できれば和風の音にしていただけますでしょうか?」

●「全体的に中二病風にしたかった」

 収録曲は、「全体的に“中二病風”にしたかった」という。ネガティブな意味ではない。「かっこよさの“ツボ”」としての中二病だ。

 ヒーローやアイドルが活躍するキラキラした世界観は、今の中学生には「子どもっぽくてダサいと思われてしまう」。皮肉が含まれていたり、自己陶酔的だったり――少し背伸びした「中二病」な世界観こそが、中学生に受け入れてもらえるコンテンツのキモだという。

 例えば、「厨病激発ボーイ」の替え歌で気象について学ぶ「厨病理科ボーイ」(作詞作曲:れるりり)は、「右腕が疼き出した 覚醒の刻はまだ早い」という歌詞を、「右周り動き出した 覚醒の高気圧だな」に替えるなど、原曲の「中二病」な雰囲気を残した歌詞が工夫されている。

 一方で、いかにも学習歌っぽい素直な曲調の曲や恋愛ソングも収録し、「中二病」だけに偏らない多様性をもたせた。「雑多な雰囲気がボカロっぽさでもあるので」。各Pの個性を発揮してもらい、全曲ができるだけ異なる雰囲気になるよう心がけたという。

 例えば、原子や分子を学ぶオリジナル曲「アトミック恋心」(作詞作曲:ナユタン星人)は、「わたしとあなた 出逢う前から感じたの ディスティニー 手と手ふれあえば まるで分子」と、原子と原子の結びつきを恋に例えた。「光合成の歌」(作詞作曲:トラボルタ)は、「葉緑体で作るのさ デンプンの生産工場」と、分かりやすい歌詞をリズミカルに歌う。

●「かっこよさで既存のボカロ曲を超えたい」

 曲作りと並行し、PVに収録するイラストを描く「絵師」と、PV動画を編集する「動画師」にも声をかけた。Pと同様、人気の作家たちが喜んで協力してくれたという。

 PVには、学習内容を解説するイラストやキーワードを取り交ぜ、用語や映像が頭に残るよう工夫した一方で、「いかにも学習用動画」な“ダサさ”から一線を画し、テンポの良いスタイリッシュな仕上がりになるよう気を配った。

 「かっこよさやクオリティが既存のボカロ曲に負けていないか、常に意識した。“勉強”というだけでダサく思われてしまうかもしれなかったので、『教材としてはこのくらいでいいんじゃない』というレベルを超え、PVとして本当にかっこいい、面白いと思ってもらえるレベルに到達したかった」

●予算は「通常の3~5倍」

 PVはスマートフォンとPCのWebブラウザから視聴できる仕組み。参考書に印刷したマーカーに、スマートフォンアプリ「AReader」をかざすとPVが再生される。

 あえてCDもつけ、元歌だけでなくカラオケ音源も収録した。「携帯音楽プレーヤーに曲を転送し、繰り返し歌って覚えてほしい」という思いからだ。早口だったりキーが高く歌いづらいものも多いが、中学生はカラオケでも、歌うのが難しい“無理め”な曲にあえて挑戦することを楽しんでおり、歌いづらい曲はむしろなじみ深いという。

 参考書の表紙はビビッドだ。理科は鮮やかなグリーン、歴史は鮮やかなピンク。それぞれ、学ランの男子と女子がヘッドフォンを着けた絵が描かれている。

 初音ミクなどボカロキャラを表紙にすることも考えたが、それでは「キャラ本」のような印象になる上、中学生はミクなどボカロキャラそのものより、ボカロ小説のように「Pが作った世界観」に入り込むことを好むと考え、この形に落ち着いた。

 「いまの子ども達は“ビジュアル世代”。視覚からの刺激にあふれ、格好良くて、かわいくて当たり前」――そう考え、参考書は全ページフルカラーで構成。各曲のイメージイラスト、歌詞、その範囲の解説、歌詞の穴埋めで要点をチェックする問題を収録した。

 動画とCDを付け、紙面はフルカラー。かかったコストは通常の参考書の3~5倍にものぼるという。「増刷しないと赤字」という背水の陣での発売だった。

●学参コーナーがまるでDVD売り場!?

 「人気のPが参加したボカロ曲付き参考書が出るらしい」――話題はネットから火が付いた。

 曲作りに参加したPの1人「れるりり」さんが、人気曲「脳漿炸裂ガール」の替え歌で縄文時代を学べる「縄文炸裂ガール」を、発売前にニコニコ動画にアップ。「あのれるりりさんがセルフ替え歌! ご乱心!」などとファンが驚き、再生ランキング1位に輝いた。同社は、全20曲のダイジェストが聴けるプロモーションビデオもニコニコ動画とYouTubeで公開。ボカロファンの注目を浴びた。


 ネットでの話題は、ネット通販での実売に結びついた。4月22日の発売から1カ月以上、Amazon.co.jpの書籍総合ランキングの「中学生の社会」「同理科」カテゴリーで1位にランクイン。2カ月経った今でも2位を維持している。

 書店も動いた。「ボカロに興味がある書店員さんが多く、『行ける』と思ってくださった」。売り場にPV映像や曲を流してくれる書店も増え、大きなディスプレイでPVを流し、その周りをイラストで彩るなど、学習参考書売り場なのにまるでアニメDVD売り場のように彩ってくれた書店もあった。

 「これなら子供が喜ぶかもしれない」――書店の売り場で購入したある中学生の親は、こう話していたという。「『子供が勉強してくれそう』ではなく『喜ぶ』と言ってもらえたのは、参考書売り場で初めて」。応対した書店員も驚いていたそうだ。

 4月22日の発売と同時に重版が決定。発売3週間で一時品切れになり、約2カ月で累計発行部数は13万部を突破した。1年で1万部ほどが通常という中学学習参考書業界では異例の大ヒットだ。「テレビCMのような大規模なプロモーションはできないが、ファンに確実に届けて話題を作り、実際の部数につなげることができた」。

●次の展開も

 「表紙をみただけでやる気がでる」「大好きなボカロで勉強できて本当に楽しいです」「得した気分です」――読者から返ってきたアンケートはがきには、感激の声がつづられている。高校生向けやほかの教科など続編を求める声も強く、ボカロPたちと「次の展開」を検討中だ。

 次回作へのPの熱意もすごいという。「あんなに大変だったのに、あんなにリテイクしたのに、またやりたいとおっしゃってくれる」。

 「音楽を作ることで、直接子どもたちの役に立てる、誰かのためになれると実感できてうれしい」「大変だけど、挑戦しがいがある」――Pたちは、こう言ってくれたという。

 「ボカロ」と「参考書」。一見接点のなさそうなこの2つをつなげ、化学反応を起こした学研。Pのやる気と中学生のやる気を引き出し、新たな市場の開拓に成功している。


ITmedia ニュース 6月27日(月)9時4分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000025-zdn_n-sci
 https://youtu.be/uIe15vt0xvg
 
コメント
別に覚え方は何でも構わないと思う、知識として残るなら
まぁ時代ッスかね
ボカロは独特の声?音?だから人によっては受け付けないって人もいるかもね。
 今年40オーバーのオッサンとしては、時代が変わったなぁと思いますわ。
 悪い意味じゃなくて、科学や技術の進化はスゴイと感動
まあ嫌いな人に教わるより、好きな人に教わる方が良いからな
勉強する上で、やる気っていうのは一番大事なものだと思うから、
 こういうやり方でその気がおきるなら良い勉強方法だと思う。

 なんだそりゃと思う人もいるだろうけども。
自分の時代じゃ考えられないけど、勉強するきっかけになるならこういうのもありかな。
まあアイディアも悪くないと思うし実際人気出てるんなら良いけど、
 ここまでやらないと買ってもらえないってのは業界の人にとってはキツイやろね
時代は変わった。
なんだかんだでボカロも出てから結構時間立ってるしむしろ展開としては遅い方かもね~
 あっでも最終的にはヴァーチャル教師とかあるかも!
批判もありそうだけどこれは良さそう。それぞれの興味に結びつけたほうが覚えやすいし
 モチベも上がる。
もう一度中学生に戻れるなら、ちょっとほしいかも。
今どきでいいと思いますが…
今の中学生が羨ましいなー。
 スターウォーズとか、ディズニーとか、かっこいーのたくさんあるし。
 今では暗記カードを作る手間も省けるし。
抱き合わせ販売って感じもするが
勉強になるなら、いいと思います。
 でも、経験上一番勉強になると思うのは、自分用の参考書をつくることです。
 これおすすめ。
買ってるのは大きなお友達ばかりな気がしないでもない。
これは違うと思うけど、ボカロって結構、病んでる詞が多いよね。
もえたんから10年、時代はここまで来たか
・・・・・などなど
 
 サボって電波ソング聞くな!ちゃんと勉強しろ!!
   
 ・・・さ、サボってんじゃなくて、こ、これも勉強!!