「ディストピア」とはユートピアの反対語。理想郷じゃない場所のことだ。「日本スゴイ」ならユートピアなんじゃないの?と思いながら読みはじめると、戦時下に行われたプロパガンダによって洗脳された日本人の姿に戦慄させられる。言葉の力は強大だ、+に働いても-でも。

 本書は昭和初期から終戦までに出版された当時の「日本スゴイ」本の中から、「日本主義」「礼儀」「勤労」など、現代にも通ずる日本礼讃キーワードごとに、膨大な数の本を吟味していく。こんなことが大真面目に語られていたのかと驚くばかりである。

 そもそも「日本スゴイ」のネタの原型はどこにあるのか。探っていくと見つかったのは週刊新潮の版元、新潮社が出していた月刊総合雑誌「日の出」であった。


 満州事変を契機とする日本の国際連盟脱退を受けた「日の出」一九三三年十月号には「世界に輝く日本の偉さはこゝだ」という特別付録が付いていた。地球上で全く孤立無援となった日本の国難を突破するために、自らへ誇りを付与しなければならない、という言わば白人・西洋コンプレックスの裏返しでもあったのだ。

 特集では、立派な日本人、海外で活躍する日本人、美術や工業製品への海外からの賞賛、肉体的自慢、日本が持つ世界一の記録が紹介されている。昨今のマスコミ、特にテレビ特番と全く変わりがない。

 礼儀正しく勤勉な日本人には、最後にきっと神風が吹く、と煽りに煽った戦時中の本は、終戦で灰燼に帰したはずだった。無力感の中から、確かに日本人の美徳である生真面目さや猪突猛進によって今の日本が築き上げられたのは間違いない。

 だが自らを「スゴイ」と言う人が本当に凄いことはほとんどない。美しさや賢さは外から見て認められてこそ、である。日本人自ら「日本は美しい、素晴らしい」と繰り返す政策や風潮はまず疑うべきだろう。日本人の美徳には「謙虚」もあるのだから。

[評者]――東えりか(書評家)
※「週刊新潮」2016年7月28日号掲載


Book Bang 7月30日(土)8時0分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160730-00010001-bookbang-soci

 
コメント
:自分が凄い、というのと、
 自分たちが凄い、というのとは違う。
 自分が属する国に自信をもつことは、悪いことではないのだ。

:行きすぎはどうかとは確かに思うけど、日本の良いところに自信を持ったり再認識するのは
 そんなにいけない事ですかね?
 そんな日本を批判する近くの国々は、どぎつい愛国教育してますし、
 愛国教育してない先進国の方が珍しいぐらいなんですけどね。
:これで嫌な思いするのはアレな人達だけだから
 何の問題もない

:日本すごいはあまり関心しませんが日本を自虐的にみるのはもっと嫌です。
 等身大の日本を冷静に見極められたらと思います。
:評価は他人がするもの。
 「実るほどこうべを垂れる稲穂かな」が、日本の美徳だったはずなのだが。
:確かに昨今のテレビマスコミのニッポンスゴイには辟易しますね。
 テレビだとチャンネル変えてしまいます。
 特定のタレント、キャスターが偏った発言をしている気がします。

:えっっと…確かに自意識過剰はよくないですけど、何でそうなったかって、
 マスコミが自虐的ネガキャンしてたからじゃ…
 何でも日本人悪い悪いって…

 挙句、ネットが普及して真実が伝わり始めたら擦り寄ってきてるだけじゃ…苦笑
 僕もやり過ぎは嫌ですよ、それは思うようにいかないからワザと過剰な日本万歳番組
 作って、こういう記事みたいな天邪鬼反応が出るのを期待してる感がすごくあるから
 です。例えば朝日とか。ワザとらしい。
 でもそれって発信者側のマスコミの責任なので、問題提起されても困ります笑

:戦前~戦中に発行された海外向け宣伝誌の『FRONT』っていうのが素晴らしい。
 写真の見せ方がとにかく現代的、格好いいからこれだけ読むと「日本SUGEE!!」
 って見える。
:いったいどこがいけないんだ。
 今の日本は軍国主義じゃあるまいし。
:謙虚でありすぎると国際社会では却ってマイナス。
 だが、かといって自分たちを世界の真ん中だとか、国号に「大」とかつけるような
 ロクでもない国にはなるべきではない。日本も一度失敗したが。
:しかしながら戦後必死に国内でディスカウントジャパンに勤しんできた獅子身中の虫は
 やはり駆逐されなければいけないと思うのです

:最近は謙虚を通り越してかなり自虐だった。
 日本人が日本人を攻撃し、中国、韓国、北朝鮮がさらに日本を攻撃する。
 一体、ここはどこの国だ?って感じだった。
 こういうのが出てくるのも必然なんだよ。

:日本スゴイは健全。
 新潮社の雑誌「日の出」のように、世界で活躍する日本人を紹介すると、
 子供達をプラスの方向へ奮い立たせる。
 具体的な人間像は、強い印象を与えるものです。まして同じ日本人が成し遂げた、
 となると、「ならばボクも」となる。
 子供達が将来、困難にぶつかった時も「二宮尊徳は、働きながら学んで運命を
 切り開いていったぞ」と思い出すと、それは前へ生きるエンジンになる。
 「日の出」路線は良い事だと思います。悪いのは、外の民族を貶めるような事。こ
 れを言い出したら、いけない。
 単に、こういう立派な人がいた、と言っている間は、害が無い。むしろ健康な精神を
 育てるので、大いにやったらいい。
:日本スゴイのスゴイところは、韓国スゴイや中国スゴイよりも控えめなのに、
 さりげなく本当にスゴイところ。
 ゆえにスゴイスゴイと吹聴するのは街宣右翼みたいにかえって在日認定されるのが
 オチで、スゴイと言われるまでコツコツと寡黙に努力するのが生粋の日本人。
:真面目なハナシ。
 謙虚な風を装う必要はある。
 が、謙虚そのものを美徳とするのは弊害である。
 日本人にとって、謙虚を美徳とする精神は、先の世代が今を生きる世代に残した、
 最大の負債である。
 真面目なハナシ。
:戦前戦中に民衆を一番煽っていたのは現在の左巻きの中心、朝日新聞なんですけどね。
 戦後は反動で反政権なんてやって、自国を貶め、国民を誤導しようとしてますね。
 自分達の過去を嘘で塗り固める手法が隣国にそっくりで反吐が出ますね。

:こういうちょっとしたプロパガンダ記事で誤魔化されて日本人が混乱させられる
 人権派とかいうのと変わらない
 ‘戦争反対’は誰でも同じだけど、そこから反日に繋げる手段は浅ましい
 左巻きの連中の恐ろしく手強い手段です
 日本人は日本の国益を最優先させて、まずは普通の国になるところがスタート
 現状は異常な状況のままだ
:「日本はスゴいんだぞー(涙声)」はね、もはや日本の断末魔の叫びですよ。
 人口も減少傾向に転じ、凋落の道を辿り始めた日本。
 滅び行く国家を最期まで見届けるのが真なる愛国者です。

 
・・・・などなど

 
やっぱ「日本人でごめんなさい」的自虐教育の反動だろ。