<秋田港名物>レトロ自販機うどん・そば40年で初の値上げ


 秋田港名物「レトロ自販機」のうどん・そばの料金が9月1日から50円値上げされ、250円になる。40年以上にわたって、ずっと200円で販売してきたが、自販機が老朽化して「治療費」(維持費)がかさむため、やむを得ず初の値上げに踏み切るという。ファンらは「長続きのためには仕方ない」と温かく受け止めている。
【山本康介】

 この自販機は1973年ごろ、秋田市土崎港西1にあった佐原商店の軒下に置かれた。
真冬も吹きさらしの中、24時間営業であつあつの天ぷらうどんやそばを提供し、市民らの心や体を温めてきた。

 昨年、NHKのドキュメンタリー番組で取り上げられたのを機に、遠方から訪れる人も増えたが、今年3月末、店主が高齢化を理由に閉店することになり、自販機も営業をいったん終了した。

 しかし、惜しむ声が多数寄せられたことから、近くにある道の駅「あきた港」が譲り受け、半月かけて修理して4月末に再稼働、「第二の人生」をスタートさせた。今も週末には長い行列ができ、200杯以上が出る日もある人気ぶりだ。

 ところが、自販機の老朽化は著しく、故障した場合、メーカーに部品の在庫がないため鉄工所に特注しなければならず、その費用は1万円以上かかるという。うどん粉やそば粉などの原料費の高騰も値上げの理由の一つだ。

 元店主で、今も自販機を管理する佐原澄夫さん(65)は「お客さんから『200円では安すぎる』という言葉もいただいている。地元の活性化のためにも、この自販機にはもうひと頑張りしてほしい」と話している。

 テレビ番組で自販機の存在を知り、東京都国分寺市から家族と訪れた福祉施設職員、佐川靖子さん(55)は「一度でいいから食べてみたかった。ダシが薄くて安心する、優しい味」と満足げに話し、「値上げしても、250円ならお手ごろな値段」と温かく受け入れていた。

 現在の営業は毎日午前10時~午後5時。

管理人:ネットで動画を見つけました。
 
https://youtu.be/F_KMK3sr5pg

○●○●○●○●○○●○●○●○●○
管理人:
15年ぐらい前までは、地元にもありました。
数か月に一回は無性に食べたくなって、通っていたのを思い出します。

中学時代には 、自転車で遠出を良くしていたのですが、
その時のお楽しみもドライブインでそばうどんを食べることでしたよ。
ホントに懐かしいですw

そういえば、そういうドライブインには必ずと言って良いほど、
女性下着の入ったカプセルを取るクレーンゲームがありましたww