アイドルの原点はどこにある?
國學院大學で企画展『偶像(アイドル)の系譜』開催中

 自分の人生は間違っていたと思っている。

 もちろん、人生に正解も不正解もあるわけはないのだが、結婚もせず子どもも持たず、ただただアイドルだけを追いかけてきた人生が正しいものだとは、どうしても思えないのだ。

 大学時代は宗教学を専攻していた。キリスト教を中心に、仏教、神道、ユダヤ教など、さまざまな「神様」について学び、思いをめぐらせた。

 もちろん、その頃からアイドルが好きだったわけだが、イベントは授業のない土日だったし、「アイドル研究会」的なサークルもなかったので、授業は真面目に受け、その空き時間にはひとり図書館に行き、アイドルのラジオにせこせことハガキを書くような地味な毎日だった。

 で、結果どうなったかというと、特定の宗教を信仰することにはいたらず、そしていまだにアイドルを崇拝し、追い続けている人生である。

 そんな私にぴったりの企画展が、國學院大學博物館で開催されているとのことで、訪問した。
 タイトルは『偶像(アイドル)の系譜―神々と藝能の一万年―』。

 順路に従い入っていくと、まずは昨年亡くなったアイドル・丸山夏鈴の写真が出迎えてくれる

 アイドルとして生き、アイドルのまま死んでいった彼女に敬意を表しながら、アイドルの原点を探る旅に出ることにする。

 次のコーナーでは「会いに行けるアイドルの夜明け」と題して、江戸時代の水茶屋の看板娘の例などを紹介している。

 展示されているものには、それまでの美女のランク付けをした番付表(まさに現代の48グループ総選挙のはしりであろう)があったり、人気になった娘に絡む若い男が描かれた図(いわゆる「厄介ヲタ」がこの頃からいたことがわかる)があったりして、今のアイドル界に通じる現象が当時から起こっていたことが面白い。

 一般に、「昔のアイドルは雲の上の存在だった」などと言われるが、それはあくまでも、現代と数十年前を比較してのことであり、近年に出現したと考えられている「会いに行けるアイドル」が、江戸時代から存在したことは興味深い。

 では、人々の前で歌い、踊るという存在としての「アイドル」の原点はどこにあるのだろうか。それを紐解くのは次のコーナーである「はじまりの藝能」だ。

 このブロックでは、もともとは宗教的な儀式「マツリ」であった歌や踊りが、大衆の娯楽である「芸能」へと変容していく様を、歴史をたどるような形で展示している。

 沖縄の「アンガマ」、全国の神社で行われる「神楽」などを紹介しながら、その一つの原点として「天岩戸神話」へとたどり着く。

 悲しみのため岩戸に隠れたアマテラスを外に出すために踊りを踊ったアメノウズメ。その姿は、あたかも、現代社会で闇の中にいる人々の心を解放するために歌い、踊るアイドルのようではないか。今のアイドルの原点が、神話時代に見られることに、不思議な感慨を覚える。

 そして最後のブロック「見えざる神々の身体」。

 ここでは、もともと万物に宿るとされていて、形のない神や精霊、それをどのように具現化してきたかを探る。

 形のないものの具現化──それは、現代のアニメやフィギュア、または、実在していながらも、新たなキャラクターや衣装で、ある意味「アイドル」という別人格を宿した少女たちにも通じるものかもしれない。

 神様の足跡「仏足石」、仏塔、神像、土偶と辿っていき、最後にたどり着いたもの。この展示会の最後のショーケースの中にあったもの。

 そこには、女性の乳房だけを形どった、小さな焼き物が置かれていた。

 そうか。そうだったのか。

 私はまるで「アイドル」という大河の流れのような文化をさかのぼり、その最初の一滴にたどりついたような感覚におちいった。

 グループアイドル全盛とはいえ、一方でグラビアDVDの市場も活況を呈している。そんな根源的な信仰の根を、1万年前から我々は脈々と受け継いでいたのだ。

 偶像を崇拝する「信仰心」の中には、多い少ないの差こそあれ「性的な魅力」が含まれていたのではないだろうか。そして、その人間の根源的な欲求こそ、現代の「萌え」の文化につながっているように感じた。

 最近でこそ少なくなってたが、1990年代前半のいわゆる「アイドル冬の時代」には、「アイドル好き」というだけで偏見の目で見られたり、迫害(というほど大げさなものではなくとも)を受けたりすることもあった。

 しかし、今思うと、それすらも仲間たちの結束を強めたり(折りしもパソコン通信などが始まり、横のつながりが作りやすい環境が整いつつあった)、本当に自分が好きなものを見つめ直したりするよい機会であったと思う。

 そして、もうひとつ言及しておきたいのは、日本独自の発展の仕方である。

 海外の多くの宗教は唯一神を信仰しており、それ以外の偶像崇拝を禁じたり、他の宗教を排除したりという動きがあった。

 一方、日本では「八百万の神」との考え方で、身の回りのあらゆるものに神が宿ると信じられていた。

 この違いは大きい。「DD(誰でも大好きの略)」などという応援の仕方は、そのあたりの国民性にも関連があるように思えてくる。これは日本の宗教観の「懐の深さ」と考えてもよい。

 展示にもあったように、天岩戸に閉じこもったアマテラスを外へと出すために踊ったアメノウズメのように、現代のアイドルにも、閉塞した日本を開く力がありうるのではないだろうか。

 そして、今回の展示を見て、一番強く感じたこと。

 もしかすると、私の人生は、間違ってなどいなかったのではないか?

 特定の信仰を持たず、アイドルを追いかけていた熱情も、何かにすがるように通い続けたライブやイベントも、みんな日本古来からある、ある意味日本人のDNAに刻み込まれたような、根源的な欲求に従って行動してきた結果なのではないか。そんな思いに駆られたのだ。

 恥じることはない。悔やむこともない。ただ、自分の心の声に耳を澄まし、その奥底に眠る感情に従えばいい。

「偶像(アイドル)」という大きな河の下流にいて、今なお続くその現場に身を置いて、まるで一人の聖職者のように、その魅力と素晴らしさについて、語り継いでいるのだから。

 私のしていることは、決して無駄ではない。そう信じることができた。

(文=プレヤード)

■企画展「偶像(アイドル)の系譜―神々と藝能の一万年―」は、6月12日(日)まで、東京渋谷の國學院大學博物館で開催中。

最終更新:6月8

 

日(水)12時30分

おたぽる

 


○●○●○●○●○○●○●○●○●○
管理人:
なんだかんだ言いながら、結局のところ「言い訳」かな?
まあ、好きなものにのめり込んだことを後悔はしたくないですもんねw

”アイドル”文化が日本人ならではというのには、同感です。