『シン・ゴジラ』北米メディアの評判は “〇〇よりはずっとまし”!?

 日本で大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』が、10月11日から18日まで北米の約440館で限定公開される。世界的に人気のあるシリーズだけに、米国での興行にも期待したいところ。しかし、公開を前に各米メディアがリリースした同作への批評には、厳しい意見が目立つ。

 ゴジラファンの多い米国で、なぜ本国・日本と同様の反応が得られないのか? ハリウッドで注目度の高い2大エンタメ業界誌「ヴァラエティ」「ハリウッド・リポーター」の評論を紹介しつつ、三つのキーワードから探っていこう。

キーワード(1)「愛国心むき出しの国家主義的リメイク」

 『ハリウッド・リポーター(以下、H誌)』による批評の、冒頭のまとめが印象的だ。「世界的に有名なモンスター・シリーズの新作。これまでの続編や関連作すべての大元となる物語の新バージョンだが、おしゃべりが過ぎ、やや国家主義的なリメイクとなっている。日本では大成功したが、ほかの地域でヒットするかどうかは、愛国心むき出しのメッセージがどう受けとめられるかによるだろう。特にアジア諸国では」。「ヴァラエティ(以下、V誌)」の批評にも、「日本のひどく不快な軍国主義の過去が蘇る」という一文がある。

 『シン・ゴジラ』は、謎の大怪獣出現という有事に直面した政府当局者らの奮闘を、国家の危機管理という視点からリアルに描いている。これが東日本大震災などを経験した日本の観客の様々な共感を呼び、ヒットの一因となったと考えられている(この点は両誌も触れている)。

 それでも、一部のアメリカ人はこのあたりの描写を「国家主義的」と捉えるようだ。H誌は、「可能な限り、誠実で勤勉な政治家たちが東京の人々を救おうとする姿と自衛隊の犠牲が美化されている」とも指摘している。

キーワード(2)「セリフが多く、ゴジラのアクションが少ない」

 こういった感想は、多くの場面が危機管理の会議で占められていることにも起因しているだろう。またこのことは、海外の観客にとってもう一つのフラストレーションを生んでいる。

 H誌は「会議室での会話が多過ぎてわかりづらく、ゴジラが十分に大暴れしていない」。V誌は「場面が目まぐるしく変わっていく上、大量の地名や登場人物の肩書きがスクリーン上に現れる」と不満を漏らしている。

 セリフの多さ(字幕の多さ)が原因で話についていけない、それよりもっとゴジラのアクションシーンが欲しかった、という批判。もっとも、これは同作における演出の宿命的な要素で、庵野秀明総監督、樋口真嗣監督をはじめ製作側は、海外からこのような意見が出ることは織り込み済みだっただろう。

キーワード(3)「アメリカ人が傲慢で高圧的に描かれている」

 さらに米国の描かれ方についても、両誌が看過できない部分があるようだ。H誌は「多くの日本の映画やドラマ同様、アメリカ人が傲慢で高圧的」と苦言を呈し、石原さとみ演じる日系アメリカ人の大統領特使がその象徴だとしている。また石原の英語力が「説得力に欠ける」レベルで、「米公開の際には英語の吹き替えが必要かも」とも評した。

 

 V誌もやはり、いくつかの場面を例に取りながらアメリカ人の描写について牽制。「これまでのほとんどのゴジラ作品よりも、日米の複雑な関係が抜け目なく利用されている。しかし、(米国がより不快な描かれ方をした)1991年の『ゴジラVSキングギドラ』よりはずっとまし。だから『ゴジラVSキングギドラ』は米国でホームビデオのみのリリースとなったのに、『シン・ゴジラ』は限定劇場公開されることになったのだろう」と結んでいる。

 

 もちろん否定的な論調ばかりではない。「変異し続けるゴジラの存在感が、CGとモーション・キャプチャの優れた技術、伝統的なミニチュア撮影をミックスした特殊効果によって迫力を増していく」(V誌)との映像技術への賛辞や、「クリーチャー大作おたくとゴジラファンの多い米国と欧州では、そこそこの興行収入が見込めるのでは」(H誌)との評価もある。両誌ともファンに気を使ってか、全体的には本国製作のシリーズ最新作に敬意を表すトーンは崩していない。それでも、上記三つのポイント(ほかの海外メディアの批評とも重なっている)を見る限り、少なくとも北米公開の見通しがすこぶる明るい、とは言えないようだ。

文=ロサンゼルス在住ライター 鈴木淨/Avanti Press 

 
コメント(Yahooニュース)

fir***** | 2016/10/11 22:37
確かに本作は日本人向けであり、海外セールス向けではないことは見ればわかる。
ただ、中国に媚び売りまくってる最近のハリウッドより全然いいと思う。
 
海外のファンも尊重するが、そもそもゴジラは日本のコンテンツでもある。

  kon***** | 2016/10/11 23:54
  本来この程度の作品が批評対象になる事はない。
  レンタルのB級CG作品の棚に加わるだけ。
  アメリカで批評家が語ったのはこれがゴジラだから。
  この作品が批評対象になった事を喜ぶべき。

   yac***** | 2016/10/12 07:08
  アメリカ人って、ホントにガキだなと思うわ。
  カイジュウ映画かくありきという固定観念があるんだろうが、大きなお世話だ。

 fxx***** | 2016/10/11 22:43
アメリカは人の事言えないと思いますけど。。。

   cas***** | 2016/10/12 00:43
  激しく同意。
  ハリウッドの大作はAmerica is No.1が多いし、
  ギャレゴジ含め、日本を描くときに、未だにカタコトの日本語や、
  トンデモ描写が目立つことを、彼ら自身分かっているのか疑問。

   wag***** | 2016/10/12 04:19
  全くもって同感。
  日本映画をナメているとしか思えない発言だ!

   *3R********* | 2016/10/12 06:09
  日本というより公務員 is No.1という印象だったw

 app***** | 2016/10/11 22:59
トランプ氏より良いね。

 ura***** | 2016/10/11 22:27
ハリウッド版よりマシかと。

   kon***** | 2016/10/12 00:06
  シンゴジラよりハリウッド版の方が、以前の日本のゴジラシリーズの様に大衆向けの娯楽作品だったな。
  今回のシンゴジラは政治的なメッセージもあって、個人的にはもっと気楽にゴジラ映画見たいけど。
  という事で、俺はハリウッド版に1票。

  次回はキングギドラとかも出てくるらしいし。
  ゴジラ映画は男の子が興奮する様な怪獣同士の戦いがいいんだよ。

 for***** | 2016/10/11 23:03
USA!USA!ってアメリカ軍がエイリアンやロシア軍に無双する映画は愛国心や軍国主義的ではない…?

   kam***** |2016/10/11 23:22
  大統領が宇宙人と戦うってのもあったよね。

   mfn***** |2016/10/11 23:41
  ハリウッドの方が、愛国心むき出しの国家主義的な映画は多い
  「エアフォース・ワン」とか「インディペンデンス・デイ」とか

  「シン・ゴジラ」の比ではないと思うんだが、
  自分の国のことはわからないんだな

   w00***** |2016/10/12 01:12
  今は2016年ですが...20年前の映画と比べたら20年も遅れてることになってしまいますよ?
 
  90年代のハリウッド大作が国家主義あふれたのは周知の事実、
  現実、アメリカ人の多くがそれに嫌気を差したのもあって、
  今頃のハリウッドは愛国心をほぼ煽ってないどころか、
  アメリカ政府を悪役設定にしてるのすらよくあります。

   usk***** | 2016/10/12 03:00
  米国に負けて徹底的に家畜化された日本の行政の姿しか表現されてなかったようなんですけど・・・
  それとも米国では、散々手続き踏んだ上でやっと実弾発射までこぎつけたのに
  戦闘区域に民間人が二人確認されただけで全部中止して外敵の蹂躙を
  傍観するしかない政府は軍国主義的なんでしょうか?
  そこらの市民が護身用に普通に銃を所持してる国が何言ってるんだか

   *3R********* | 2016/10/12 06:12
  >そこらの市民が護身用に普通に銃を所持してる国が何言ってるんだか
 
  なんでこんなので熱くなってるの?w

   スッパウメ | 2016/10/12 08:08
  自国の兵士を救出するために敵国に乗り込んで無双する映画を
  多数輩出しているのはどこの国だったかな?


 ha5***** | 2016/10/11 23:04
シン ゴジラは外国向けエンターテイメントではない。邦画がそれを狙ったらまず 国内でコケる。

   kon***** | 2016/10/11 23:57
  日本や海外でもファンを作った以前のゴジラシリーズは、大衆向けの娯楽作品だったけど。

 jh_***** | 2016/10/11 23:27
日本で誕生したトランスフォーマーやバイオハザードもハリウッド版にして大当たりしたけど、ゴジラは時代背景が大きい作品。元々海外向けに作られたのではないはずだ。

   huyu**** | 2016/10/12 07:50
  今回のに限っては初めから世界展開も考えられていたと思いますよ、
  プロデューサーサイドはね。
  庵野は知らんけど・・・

 tot***** | 2016/10/11 23:31
インディペンデンス デイよりずっとまし。
大体ハリウッドゴジラなんて恐竜じゃねぇか


 koh***** | 2016/10/11 23:29
アメリカ版のゴジラよりは、相当、良い作品だと思いますね

 pul***** | 2016/10/11 22:58
アメリカ人にウケるゴジラが素晴らしい作品とは思わない。

 逆に1998年の初ハリウッド版ゴジラなんかは
巨大なトカゲが米軍相手に大暴れしただけで
到底ゴジラと呼べるものではなかった。

   kam***** | 2016/10/11 23:23
  やっぱマグロ食ってるやつはダメだな。

   gol***** | 2016/10/11 23:29
  1998年版はアメリカ人にも受けなかったけどね。
  むしろ日本では興行収入50億円突破の大ヒットだった。

 ***** | 2016/10/11 23:15
そんなことより、酷評されていた石原さとみの英語が、ネイティブにどう聞こえるかが、楽しみ・・・・、いや、心配だ。

   *3R********* | 2016/10/12 06:06
  >石原さとみ演じる日系アメリカ人の大統領特使が

   私には埼玉系東京人の都知事特使に見えました

   cap***** | 2016/10/12 07:38
  ハリウッド映画に出てくる日本人も怪しい中国人もどきだし、いいんじゃない?

   *3R********* | 2016/10/12 08:37
  >いいんじゃない?
 
  私が不満なのはベッドシーンが無かったことですw

 fis***** | 2016/10/11 23:43
アメリカ人が傲慢で高圧的に描かれている…
いや、まんまだけど何か問題ある?

TPP、沖縄米軍基地問題、どれをとってもアメリカは傲慢で高圧的だが。


 kaz***** | 2016/10/11 22:37
 想定内の反応。
 もっと違ったコメントが出てくるかと期待したが、この程度か。
 期待外れ。
 アメリカの評論家も、大した事無いな。

 cha***** | 2016/10/11 22:18
観なくて結構。

 土ノ子 | 2016/10/11 22:38
ハリウッド版の2作よりかマシ。

 spy***** | 2016/10/11 22:59
実写版ドラゴンボールを作った国に言われたくない

 lbi***** | 2016/10/11 22:21
アメリカの人間はろくに映画を評価できないことがわかった。
だから、あんなくだらないハリウッド版ができるんだよ。

 bea***** | 2016/10/11 22:18
震災を経験した日本だから共感できる映画だった。
しかし、少々しゃべりが過ぎるという点には同感。
日本映画の良くない点として説明的なセリフが多過ぎる


   pat***** | 2016/10/11 23:52
  そうかな。あの会議シーンが一番面白い部分だったと思うけど、まぁ好みは人それぞれ。
  どちらかというと、石原さとみと長谷川博己が心情やら決意やらを語り合う、
  いわゆる映画らしいシーンの方が喋りすぎだったかな。

 cam***** | 2016/10/11 22:45
ありゃ単に、日本の風土つか民族性を多分にカリカチュアして描写しただけだよ。
それを「国家主義的」と呼ぶのなら、ハリウッド映画の殆どが該当するわな。

lao***** | 2016/10/12 00:04
アメリカに対してはかなり耳の痛い表現が多かったと思うから、そう言った意味では高い評価は見込めないんだろうね。でも、その部分は、正に日本人の本音だよ。で、この映画の面白さは、わかる人にわかれば良い。

 pao***** | 2016/10/11 22:18
まー、いつも国家主義丸出しのアメリカ映画が多いからなー。あんまり人のことは、言えないのでは(笑)

 ・・・・などなど
 
○●○●○●○●○○●○●○●○●○
管理人:
皆も言ってますが、インディペンデンスデイを喜んで見る米国人には言われたくないかな。
日本人が日本人向けに作ってるんだから・・・
まあ、痛いところを突かれて気に障ったっていうのもあるのかも。
 
あとは欧州の反応も見てみたいですね。
多少違った評価が聞けそう。



「これが、伊福部昭だ! 伊福部昭生誕100周年&ゴジラ生誕60周年記念アルバム」の画像検索結果
これが、伊福部昭だ! 伊福部昭生誕100周年&ゴジラ生誕60周年記念アルバム