あなたのプラモやスマホ、銀銀にメッキメッキできるかも

ギズモード・ジャパン (2016.10.15 15:05)
 

 トップコートも重ねられるって! 

 有機物と無機物をブレンドした
ハイブリッド塗料を得意としているBL HY COATERのニューアイテム、「BL シルバーコート RT」がすっごいんです。

 通常のメッキは大がかりな設備が必要になりますし、メッキ調塗料はクリアを重ねると輝きがくすむ。しかし「BL シルバーコート RT」は、
ホンモノのメッキと同クラスの鏡面感を塗料で実現しちゃっているんです。
 

独自に開発を致しました最先端のナノテクノロジーにより、銀ナノ粒子を低温下で凝結させる事に成功。従来の銀鏡反応による銀膜に比べ、高輝度且つ安定をした銀膜を形成致します。

 このデモ映像は筆を使っていますが、通常は口径0.2~0.5mmのエアーブラシ(小面積の場合)が推奨されるそうです。これ、プラモデルの塗装などに使われるエアーブラシと同じですよね。
 


 工程はプライマーの下塗り(80℃で30分強制乾燥、または7日以上常温乾燥)、シルバーコートで塗装(80℃で10分強制乾燥、または48時間以上常温乾燥)、トップクリアーの塗装(80℃で30分強制乾燥、または7日以上常温乾燥)の3段階。乾燥に時間がかかる理由は、溶剤内のシンナーを完全に飛ばすことが重要なのだそうです。
 


 一般の家屋内で、気軽に扱うのは難しいかも。でもEtsyなどのマーケットでオリジナルの一品を販売しているクリエイターにとっては興味深い塗料ではないでしょうか。

そして気になる一文がこちら。

トップクリアーはウレタン系塗料ですので、顔料などによる調色が可能です。

もしかして百式色の塗装、できちゃう!?

source:
 BL HY COATER

(武者良太)

○●○●○●○●○○●○●○●○●○
管理人:
レトロ家電とか綺麗にしたいと思った時、
どうにもならないのがメッキパーツなんですよね。
シルバー系塗料もあるけど、ピカピカにするのはなかなか難しい。
一つ欲しいなぁ、と思ったけどまだ業務用というか価格が高いみたいです。(残念)

それにしても、動画で徐々にメッキになっていく様子がなんか不思議な感じです。