劇場版アニメ『攻殻機動隊』のオープニングを再現した実写映画『GHOST IN THE SHELL』のシーン映像が公開

神々しい。

士郎正宗の漫画を原作とした『攻殻機動隊』シリーズの実写映画『GHOST IN THE SHELL ゴースト・イン・ザ・シェル』の新たな映像が公開されました。

劇場版アニメ『攻殻機動隊』で、草薙素子が義体化される様子を写したオープニングをまるまる再現した映像をご覧ください。

動画はこちら:https://youtu.be/F5amv-vqUFo


こちらはIGNがアップロードした、『GHOST IN THE SHELL ゴースト・イン・ザ・シェル』のオープニング映像です。

動画は11月13日に行なわれた本作のエクスクルースブイベントで公開された映像を、そのまま撮影したもののようですね。ちなみに、印象的な「謡」と太鼓の音は、会場でこの映像に合わせて実際に演奏されました。

では、劇場版アニメ『攻殻機動隊』のオープニングと比べてみましょう。

動画はこちら:https://youtu.be/B05FrZqFY3g

こちらの動画は、carlos torresによるもの。

すごい…完成度です。主人公の草薙素子を演じるスカーレット・ヨハンソンは、無機質に映し出されています。実写でここまで違和感なく再現できるとは…。

先日公開された予告編は、さまざまな『攻殻機動隊』シリーズを詰め込んだような内容でした。しかし今回のオープニングも合わせてみると、全体的な雰囲気としては劇場版アニメ『攻殻機動隊』に似たようなものになりそうです。

映画『GHOST IN THE SHELL ゴースト・イン・ザ・シェル』は2017年4月に公開予定です。
2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

image by IGN
source: YouTube, IGN via geektyrant

(K.Yoshioka)

最終更新:11/16(水) 8:20

ギズモード・ジャパン

 
 

○●○●○●○●○○●○●○●○●○
管理人:
まんまってわけではないですけど、結構頑張ってますね。
にして、ここまでオリジナルに忠実にリメイクする実写って珍しいかも。
なんか、すごく見たくなってきましたw

ここまで再現度にこだわったから、素子に日本人女優が選ばれなかったのかも。
演技ができて、ここまでのプロポーションは流石に見つからなさそう・・・・