時事怪々

アニメ、ゲーム、声優などなどオタク系情報をメインにネットから
イロイロ気になる様々な話題を拾いまくりますw

    海外

     韓国の刑事訴訟法第157条は、証人宣誓について定めた条項だ。法廷に出廷した証人は証言に先立ち、「良心に従って隠し立てや作り話をせず、真実をありのままに述べ、もしうそ偽りがあった場合には偽証による罰を受けることを誓います」という内容の宣誓文を朗読することになっている。条文の最後の項目は「宣誓は起立した上で、厳粛に行わなければならない」と定めている。

    【【コラム】「偽証の国」韓国を賑わす巧妙なうそ、ぬけぬけとしたうそ(朝鮮日報日本語版)】の続きを読む

    殺人などの犯罪行為を正当化することを超え、美化された内容を扱う韓国のウェブトゥーン(ウェブ漫画)が“ALL/全体利用可”として堂々と掲載され、物議を醸している。

    【【韓国】殺人を扱ったウェブ漫画が“ALL/全体利用可”? 怒る保護者が作家らを告訴】の続きを読む

    ITmedia マーケティング 7月28日(木)22時50分配信
     電通は、日本の文化や強みを生かした商品やサービスを海外展開する「クールジャパン」関連事業において、顧客企業のマーケティング活動支援を目的に、2016年4~5月に20カ国・地域(※)で「ジャパンブランド調査2016」を実施した。

    ※中国(北京、上海)、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア

    【最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施】の続きを読む

    1:2016/07/13(水) 05:35:17.18 ID:

    南シナ海の西沙諸島付近の海域で実弾演習する中国海軍=8日(共同)

     中国は南シナ海問題への国際司法の介入を一貫して拒み、「古来中国に属する」と宣言した「九段線」内の南シナ海を“中華の領域”と定めて、実効支配を進めてきた。
    一切の干渉や批判を排してまで絶海の岩礁にしがみつく姿は、伝統思想の強い呪縛を抱えているように映る。

     中国軍のタカ派論客、羅援(らえん)少将は、南シナ海問題に関するこれまでの発言で、「主権問題を論じることは認めない」としたトウ小平の指示を挙げ、国家統一の基礎として「大一統(だいいっとう)」という思想を強調した。

    【【南シナ海問題】中国が領土に固執するのはなぜか 中華思想2千年の「大一統」の呪縛とは…[7/13]】の続きを読む

    1: :2016/07/21(木) 01:14:27.45 ID: 
    北朝鮮が「暗号放送」を再開 16年ぶり 

    日本テレビ系(NNN) 7月21日(木)0時25分配信 

    北朝鮮の国営ラジオが、国外の工作員に指令を出すときに使う「暗号放送」を再開した。 

    放送は先月24日と今月15日の2回行われ、「大学の復習課題をお知らせする」とした後、ページ数と番号を次々と読み上げた。  【【ぐんくつ】北朝鮮が国外工作員に指令を出す際に使う「暗号放送」開始…いったい何が始まるんです?】の続きを読む

     
    1: :2016/07/19(火) 16:14:11.40 ID:

    【品質管理への意識が高まるか(写真:アフロ)】 

     これも「爆買い」の動機となる事象の一つといえるのかもしれない。中国の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏が指摘する。  
    【【中国】中国製コンドームの「穴だらけ品質」が社会問題に[7/19]】の続きを読む


    1: :2016/07/15(金) 16:08:21.08 ID:
    ★【痛快!テキサス親父】竹島奪還「絶好の機会だぜ」 南シナ海裁定で
    中国「完全敗北」 今こそ中韓に鉄槌だ

    2016.07.15
    【【痛快!テキサス親父】竹島奪還「絶好の機会だぜ」 南シナ海裁定で中国「完全敗北」 今こそ中韓に鉄槌だ [07/15]】の続きを読む


    1: :2016/07/12(火) 11:26:16.34 ID:
    2016年7月10日、楚天都市報によると、豪雨に見舞われた中国湖北省武漢市の日用品販売店が雨で流された車のナンバープレートを店先で売っていると話題になっている。
    【【中国】豪雨被害の街に拾ったナンバープレート売る雑貨店出現!中国ネットは意見分かれる[7/11]】の続きを読む

     「息子に代わって全世界に謝罪しなければならない」。

     バングラデシュのダッカで起きた飲食店襲撃テロ事件で、射殺された実行犯6人のうちの1人の父親が米紙ニューヨーク・タイムズに対し、苦悩する胸の内を明かした。

    【高学歴ほどテロにハマりやすい? 苦悩する実行犯父【ダッカ襲撃テロ】】の続きを読む

    このページのトップヘ