時事怪々

アニメ、ゲーム、声優などなどオタク系情報をメインにネットから
イロイロ気になる様々な話題を拾いまくりますw

    メンタル

    女子らしさの象徴の色、女性を呪縛し抑圧する色。女の子は本当に”ピンク”好きなの?

    【【悪常識?!】女子らしさの象徴の色、女性を呪縛し抑圧する色。女の子は本当に”ピンク”好きなの?】の続きを読む

    no title



    コミケは日本を「狂気」から救っているのかもしれない【山田 玲司】










    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160819-00002888-besttimes-cul&p=2

    BEST TIMES 8月19日(金)6時0分配信

    【【漫画家として嫌いだった】コミケは日本を「狂気」から救っているのかもしれない【山田 玲司】】の続きを読む

    完璧な彼女より、少し“抜けている”彼女のほうが癒される。失敗しても、「しょうがないな~」と笑って許してあげたい。しかし、あまり度が過ぎると、表面上は気にしないふりをしていても、内心あきれたり、許せない…と思っていたりする人もいるかも。そんな「実は見過ごせない彼女の失敗・短所」について、彼女がいたことのある20~30代の未婚男性会社員200人に聞いてみた。
    (R25調べ・協力/アイリサーチ)

    【【2次とは違う?!】内心イラッとする! 彼女の失敗・短所TOP10】の続きを読む


    自宅で取材に応じてくれたミア(左)とセリーナ(右)
    1: :2016/07/17(日) 12:18:32.62 ID:
    ★ベルギー 精神病患者が安楽死を選べる国
    2016.07.17 07:00

    ジャーナリスト、宮下洋一氏によるSAPIO連載「世界安楽死を巡る旅 私、死んでもいいですか」。
    先進国の中でも、日本とフィンランドに次いで自殺が多いベルギーでは、精神病患者の最期の選択肢として安楽死が認められ、近年増加している。49歳の若さで30年以上にわたる躁鬱病生活に安楽死により終止符を打った男性・クン・デプリックのパートナー、ミア・フェルモン(53)とその娘セリーナ・ブランデル(17)が、どのようにして安楽死を見守ったかについて宮下氏がリポートする。
    【【海外】ベルギー 精神病患者が安楽死を選べる国 [07/17]】の続きを読む

    このページのトップヘ